タイヤ窒素充てんサービス

なぜタイヤにチッ素がいいのでしょうか?

 タイヤは一種の圧力容器であり、空気圧に対応した圧縮・伸張・せん断・曲げの静的歪みに加え、転動することで接地部分を中心に動的な繰り返し歪みが発生します。この歪みによりタイヤは発熱し熱的に不良導体であることから蓄熱し、温度上昇し飽和温度に達します。

 一般的に乗用車では15分、バス・トラックでは約50分の走行で飽和温度に達してくると言われます。チッ素ガス充てんは、安全性・走行性ばかりではなく、燃費の向上に有効です。例えば、タイヤの内圧が10%減少すると、燃費が2〜3%悪化すると言われており、漏れ・温度変化の少ないチッ素は燃費向上にも貢献できます。

 

 

チッ素ガスのメリット

窒素は、酸素に比べ透過係数が小さいため、タイヤ内からゴムへの透過率が酸素に比べ低くなります。

※詳しくは、下部表をご参照ください。

imgtip2.gif

 

その他にも・・・

  • 燃費が伸びます。
  • タイヤの寿命が伸び環境にもやさしいです。
  • 高級ホイルの酸化を防ぎます。
  • 高級操縦安全性が向上します。
  • 高性能タイヤの力を引き出します。
  • タイヤの片べりを防ぎます。
▲このページのトップに戻る